2017年11月16日木曜日

ここ2週間の近況!

忙しくて2週間ぶりの更新となります!
こちらはすでにいろいろカスタムされているGPZ900R(Ninja)ですが、この車両にお客さんが購入をされた「ヨシムラMIKUNI TMRキャブレター」を取り付けます!



うちでは過去にもカタナへこのヨシムラ製のキャブレターを取り付け事があるらしいですが、エンジンそのものの特性が変わってしまうくらいの凄いキャブレターだったそうです!

横にはヨシムラのパネルが貼り付けてありかっこいいです!
取り付け後、エンジンの調子は低中速のパワーがアップしたそうです!セッティング次第ではもっと力の出るエンジンになりそうですね!

こちらは現在中古車仕上げ中のDトラッカー。CRF250のサイレンサーが倉庫に眠ってましたので、溶接をして取り付けます!

上がノーマルで、下がCRF250。

純正サイレンサーへ伸びているエキパイを途中で切って、CRF250のエキパイを合わせてそちらも合口が合うように切ります!

溶接後、このような感じになりました!
音はそのままだと、いい音してますが爆音です。。!なので、穴径を調節して音の大きさも良くなりました!

モンスターエナジーたっぷりのDトラッカーになってますので乞うご期待!!

そして、こちら自分が乗っていたレプそるカラーのCBR600RRですが、この度お客さんへ譲ることになり納車整備です!

エアクリーナ点検で、ETCなどの取り外しで、カウルここまで外します。

プラグ交換ではラジエターを前へ移動しないと取り外し、交換できない構造となっています。

前へずらすとようやく見えてきました!
ダイレクトイグニッションコイルなのでがっちり入ってます…

納車整備も完了をして、カウルも取り付け無事にお客さんへ納車となりました!
この年式のCBR600はマフラーもセンター出しで見た目もかっこいいです。ちなみにこのCBR600、逆輸入車でヨシムラのマフラーが入っているので購入されたお客さんはラッキーですね!

そして、モトクロッサーのCRF150。どうやら走行中にエンジンから異音がするのと、低速回転でエンスト気味になるということで持ち込まれました。
いろいろ話を聞いてみると今朝エンジンオイルを交換。オイルは入れ忘れていない。しかし、もしかしたら、ミッションオイル口からエンジンオイルを入れたかも。。。

このCRFシリーズ、エンジンオイルとミッションオイルの入れる場所が違うところにあり、抜くときも違うドレンボルトから抜きます。ということで、早速恐る恐るエンジンフィラキャップで確認してみると…エンジンオイル全く入っていません!!そして、ミッションには倍のオイルが入ってます!!

エンジン焼き付き寸前で腰上点検のついでに、長年乗っているバイクなので、腰下も含めたフルOHを行う事になりました!


エンジンを降ろして腰上から点検してきます。
 カムはこのような感じで焼き付いてバリが出てきています。ちなみにこのカムシャフトはヨシムラ製です…!
カムシャフト回りは全体的に焼き付いてバリが出ている状態でした。修正か交換かの判断はあとで、もう一度点検します。

腰上の分解が終わりました。意外にもピストン、シリンダーには目立ったキズや焼き付きなどは見られませんでした。

その後、腰下も全バラをして部品が届き次第組み上げます!
 こちらシリンダーヘッドです。バルブも取り外しましたが、インレットバルブは砂などの影響ですり減ってしまっているので交換。その影響で、バルブシート面も偏摩耗しているので、後日シートカットをして仕上げます!
こちら貴重は名車CB750Four(K2)です!エンジンガードの取り付けで入庫となりました!このような貴重な車両を扱っているとたまにこの車両を見かけた人がこのバイクを求めてお店を訪ねてきますが、申し訳ありません。こちらは売り物ではありません。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿