2018年7月19日木曜日

こちらのZRX1100は今年の春に5速ミッションからZZRの6速ミッションに交換をした車両です!
今回はFCRキャブの為スロットルが重いという事で、純正の4連キャブの用リターンスプリングからツインキャブ用のスプリングへ交換します!



リターンスプリングはちょうど真ん中に入っているためキャブレターを取り外し右の写真のように分解しなくてはなりません。


上のスプリングを下のスプリングに交換をします!

装着後、スロットルをひねってみましたが確かに軽くなってます!あんまり軽くなりすぎてもスロットルバルブが戻らなくなることが心配されますが、これくらいちょうどいいですね!
 そして、こちらは新聞屋のカブ110。
エンジンが止まってしまった。そんな連絡をもらい点検をしてみると、キックが降りない。。オイルを点検してみると全く入っていない。。。これはエンジン焼き付いてます。クランクまで焼き付いていると腰下まで全OHになりますが、とりあえず腰上まで分解をして点検します!


やはりピストン、シリンダーにはオイル切れにによる傷。そして、クランクの小端部が焼き付いて動きません。これは、クランク交換になりますので結局腰下まで分解をして、全OHします。

全分解!新品のクランクシャフト、ピストン、ベアリング、その他消耗品を交換して、組み付けました!
エンジンも元気になり、再び新聞屋さんで仕事することになります。この暑さに加えて、エンジンオイルもないとなるとエンジンに相当な負荷がかかっていたでしょう。。
 お客さんから頼まれて先月仕入れたゼファー1100。そのまま気に入ってもらい納車整備!
お客さん持ち込みハンドル取り付け、プラグ交換、オイル交換、ブレーキフルードF、R交換、クラッチフルード交換、キャブレターOH、その他点検整備。
やはり今でも根強いカワサキのゼファー人気!まだまだ続きそうです。
こちらは先週仕入れたW650!中古車整備として、キャブレターOH、FブレーキマスターOH、エアクリーナー新品交換済み、前後スポーク新品張り替え、その他点検整備。
早速W650に興味を持って頂いてる方に見せたところそのまま納車が決まりました!


その他店内にはまだまだ人気車両ありますので、在庫車両気になる方はグーバイクから是非確認してください!
https://www.goobike.com/shop/client_8500757/

2018年7月2日月曜日

MCSテスタで車両診断!GB250でカフェレーサー!

NC700の車検整備です。
2013年式の車両という事でMCSテスタに対応しているので、目には見えない部分、電子制御の点検をします!
このホンダ純正のMCSテスタを使用する事で、現在の車両状態はパソコンによって手に取るようにわかります!

 こちらはパソコンに表示される画面です。エンジンをかけながら、何がどれくらいの電圧で動いてるのかや、正常か異常かをすぐに教えてくれます!
その他、話せば長くなるようないろいろな便利な機能も備えています。
これから車両はこのMCSテスタがなけれな点検整備ができなくっていきますね。。






※当店は、ホンダからHMSE認定されておりHonda二輪車の点検や故障診断を『早く、正確に』行うための総合電子診断機『モーターサイクル・コミュニケーションシステム(MCS)』を常設し、パソコンに接続して二輪車の電子機器の点検、故障診断ができる店舗です。

こちらはこのブログでの常連となっているGB250Clubmanです!

中古車として仕入れましたましたが、元の状態からカフェレーサーカスタムになっていたので、そこからまた仕上げながら気になる点を修理しながら仕上げていきます!


Fフォークのボトムケースはサビがでていて汚かったので磨いてピカピカにしました!


ついでにオイルシール類も交換をしてOHをしました!

ステムベアリングもグリスアップ!

まだまだやるとこはたくさんありますが、少しずつ綺麗にしながら点検整備していきますので、GB250カフェレーサーカスタムを探してる方はお早めにご連絡を!
フルモデルチェンジした新型PCXの納車整備及び、アラーム取り付け!
しかしこのアラーム取り付けのために外装を外すのですが、新車の上にパネルの爪が入り込んでなかなか外れなかったりと結構神経を使います。。

無事に外装を外して、アラーム取り付け完了!
今、大人気のPCX。デザインもかっこよくて乗ってる人も多いですね!

2018年6月26日火曜日

カブエンジンOH!話題の新型CBも納車!


こちらのバイクは新聞屋さんのカブ号。
配達中に転倒してしまい、ステップが曲がったので、その後ハンマーで叩いて直そうとしたらエンジン下からオイルが出てきたそうです。。


ステップがボルト止めでクランクケースについてるためその勢いでクランクケースごと割れてしまったようです。。!

エンジン下を見ると、クランクケースのボルト穴の部分が割れて飛び出ています。

これではオイルが出てきますね。。

クランクケース交換になったのでエンジン降ろして、全分解します!

ついでに、ベアリング関係やピストンなど新品を組み付けて完成!

新品のクランクケースのため、もちろんオイル漏れもなく、エンジンも好調です!

NS-1納車整備!

この車体の大きさで50ccだから驚きですね。タンクに見えるとこは荷物が入るボックスになってます!

キャブレターOHにその他、プラグ、ブレーキフルード交換など行いました!


ひと昔前は高校生に人気でしたね〜今では貴重な50ccの2ストミッション車です!


ZRX1100車検整備。とても綺麗にされている車両でうちで購入されてから大事に乗っている事がわかります!


プラグホールのガスケットからオイルが漏れるということで、ヘッドのガスケット類の交換も行います。

その他、お客さんんも要望に合わせてスロットルケーブル交換、ブレーキピストン洗浄もみだし、冷却水交換などを行いました!

そして、3月に発売されて話題になっている新型CB250R。最近流行りののネオレトロからのネオスポーツカフェというスタイルです。

ヨーロッパから流行りだしたレトロスタイルを今風にアレンジしたデザインが日本車にも流れてきています!

2018年5月20日日曜日

キャブレターOH!GB400TT、ZRX1100入荷!

こちらエリミネーター400。
最近ネットで購入したそうですが、どうもエンジンの調子が悪いようで、点検をしてみると、キャブレターがインシュレーターにしっかり入っておらず、そのおかげでインシュレーターがつぶれておりました。。。

インシュレーター交換ということでついでにキャブレターのOHも行いました!
キャブレターの中身も綺麗になりこれでエンジンも快調です!



そして、こちらもキャブレターOH。
CB1000SFの物ですが、キャブレター連結部のOリングからガソリンの滲みがあるということでOHです。

キャブレターを文字通り全バラにして、連結部のOリングを交換します。

その後、複数のキャブレターのため同調を行いエンジンに合わせて、キャブレターもすべて均一になるように調整をします!(もちろん上記のエリミネーターでも行っています)

点検後ガソリンの滲みもなくOH完了です!

ガソリンの滲みは放っておくと引火など、万が一の事を考えると危ないので、気づいたらすぐの対応が必要ですね。
こちらは最近入荷して、仕上げ途中のGB400TT!
昨今のGB250クラブマン人気から400㏄も仕入れました!純正シングルシート、そして、キャブレターにはFCRが入って、マフラーにはスーパートラップが入ってます!

タンクも再塗装しましたので、とても綺麗です!
カフェレーサー、ネオレトロの車両を探している方には絶賛オススメのGB400TTです!
純正でこの仕上がりはすでにかっこいいです。。。!

ZRX1100ライムグリーン、ブルー、そして、XJR1300ブルーストロボ、シルバーも仕上がってますので、気になる方は是非お店まで~

GB400TT繋がりではありますが、今年もマン島TTレースの時期なり私は明日から、マン島へ旅立ちます!通訳兼メカニックとして約3週間滞在する事になります。詳しくは下記のサイトからどうぞ!http://mcrg-1000.wixsite.com/yamanakamasayuki

ちなみにバイクショップハラグチはいつも通り営業していますので、何か気になる事があればいつでもどうぞ~

2018年5月8日火曜日

GSX1100Sカタナ完成!そして、SRV250カスタムも完成!

長いことお預かりをしていたGSX1100S刀!
エンジンフルOH、外装オールペン、スイング補強など、いろいろ行いやっと完成しました!


エンジン音も静かになり、聞こえるのはミクニキャブレターのカチャカチャ音のみ。。!しかし、アクセルを開けたときのマフラーから出る音は気持ちいいくらいのいい音がしてます!


後日、マフラーを交換、アンダーカウルを装着して来店。とてもかっこいい綺麗なカラーリングとなり、お預かりした時とは見違えるほどです!


そして、こちらも同次期に完成をしたSRV250カフェレーサーです!
カスタムとしてはほぼノーマルに近い形ですが、シングルシート装着、ハンドル変更、タイヤサイズ変更により見た目も変わりました。

フロントフォークにもブーツをはかせて、旧車のイメージを出しています。ヘッドライトカバー、サイドカバーを黒に塗装したことによりタンクの赤と黒がうまく調和しています。


ハンドルにはセパハンではなくあえて、コンドルハンドルを逆さに装着することにより、セパハンのようなハンドリングにしています。もともとのハンドルポストを使いながらこのハンドルポジションにできるためおススメです。

タイヤはフロント90/90-18、リヤ110/90-18から両方とも一番太いサイズ4.50‐18を装着。

この太いタイヤを装着したことで、250という小さなエンジンながら車体も大きく見えて見た目も一気にかわり迫力ある車体になりました!

まだまだカスタムとしての余地は残してあるのでこれからが楽しみですね!


先月参戦した「チキチキVMX」の記事がWeb ミスターバイクに掲載されました!
僕の走りも写真で掲載されてます!

かっこよく写ってます〜
http://www.mr-bike.jp/?p=143815

スタートして迫力の第一コーナー!

無事に転倒もなくゴールまで3位でフィニッシュできましたが、次回はこの2台についていけるようにバイクも仕上げたいですね!


2018年5月1日火曜日

ゴールデンウィーク休みのお知らせ

ゴールデンウィーク休みのお知らせです。

5月2日から6日までお休みになります。
よろしくお願いします。

2018年4月26日木曜日

貴重車、名車の車検!そしてカタナも出来上がってきました~

 こちらバイク好きなら誰もが知っているCB750Four。世界で量産初の並列4気筒エンジンを搭載したバイクでもあり、国内車初のナナハンで67馬力を記録しました!

そんな貴重なバイクの車検整備です。


そしてこちらはCB750F。上記のCB750Fourの発売から約10年の1978年フルモデルチェンジしたCB750KでDOHCとなり、その翌年にCB750Fが発売となりました!こちらも名車中の名車です。漫画ではバリバリ伝説に使われていたり、レースではAMAライダーのフレディ・スペンサーがこのCB750Fで優勝をしたりしていましたね。
 そして、こちらは納車整備中のGB250Clubman。上記の2台と違って当時開発されたときは、「CBは時代の先端を進んでいくイメージ、対してこれは時代を逆行している感じだ」という事で、CBという名前がもらえずGBになったという話は有名。しかし、それが幸いしてか近年のネオレトロブームによって人気が上昇中です!たしかに、カフェレーサーにするととても雰囲気がでます。

こちらはゼファー400の点検整備。約5年間乗っていなかったという事で、エンジンはもちろんかからず、ブレーキも引きずっています。。。

キャブレターOHをしました。やはり中でガソリンが腐ってしまっていて、MJ,SJ交換、そして、チョーク通路も腐ったガソリンが詰まっていて除去するのが大変でした。。

ブレーキ前後OH。
フロント、リヤ共に、Oリングが傷んでいてピストンも全く動きませんでしたが、新品Oリング、ピストン組み付け通常通りしっかり動くようになりました。ブレーキは車体の動きを制御する部分なのでとても重要な部分ですね。

そして、やっとカタナのエンジンの塗装、スイングアーム塗装も終わり車体に載せました!

サンドブラストした後に、黒に塗装してもらったのでとてもきれいなりました!

スイングアームも綺麗になりました!

そして、こちらはお客さんから依頼されて製作をしている初のオーダーカスタムです!
ベース車はいつものSRV250ですが、赤タンク、黒フレーム、シルバーエンジンにしたいという事で、ルネッサにSRV250のタンクを載せました。シートもこのシングルシートになります。

そのシングルシートにリヤフレームを合わせるためフレーム加工をしました!
 リヤフレームをカットして、パイプを曲げて、シートに合うように溶接します。

そのほか、まだこれからどんどんカフェレーサーになっていく予定ですのでお楽しみに!